×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

公的な転職情報・職業紹介機関

転職情報を自分で検索して探します

ハローワークでの転職活動、転職支援サービスは、
『ハローワークインターネットサービス』の求人情報検索や
『ハローワーク内の検索用パソコン』を使用して、
膨大な転職情報(求人)の中から、
自分の希望や適性、勤務地、賃金、休日など企業や仕事に対する希望に合う転職情報を、 自分で検索して選びます。

希望の転職情報(求人)を選んだら、プリントします。

窓口の担当職員が紹介状を作成します

ハローワークの転職情報(求人)に応募するには、ハローワークの発行した『紹介状』が必要です。

希望の転職情報(求人)に応募する前に、
ハローワークで『求職申込書』に転職条件(希望職種や賃金)を記入し提出して登録します。

希望の転職情報(求人)に応募するには、上でプリントした紙や、配布されている一覧表を持って、 窓口の担当職員に申し出ます。

窓口の担当職員が、企業(求人者)に転職を希望される方の氏名、年齢、経験、免許・資格の有無等を連絡し、 面接日時等の打ち合せを行ないます。
応募が受理された場合、『紹介状』を作成します。

『紹介状』と自分で作成した『履歴書』、『経歴書』を持って、面接に向かいます。
前もって、書類を郵送する場合もあります。

すぐに相談することをおすすめします

窓口の担当職員に申し出る際、希望の転職情報(求人)の応募状況や、その企業の過去の求人情報、採用状況を、 窓口の担当職員に確認してから応募することをおすすめします。

多くの担当職員は、求人票に記載されていない転職情報を教えてくれます。
その情報で、応募を考え直したりすることもあります。
毎日窓口で相談していると、いろいろな話を聞くことができて、転職情報(求人)を見る目が肥えてきます。

また、すぐに求人を終了する企業もありますので、希望の転職情報(求人)を見つけた場合、 すぐに窓口の担当職員に相談することをおすすめします。

これらの転職支援サービスは、すべて無料でご利用いただけます。

もし、時間的に余裕があれば、応募予定の転職情報(求人)を出している企業を調査することをおすすめします。
インターネット上だけでなく、できればその店舗、事務所などを実際に見に行くことをおすすめします。 その時見た、働いている人や場の印象が良くない企業は、やはり考え直したほうが良いと思います。