×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

人材派遣サービス…民間企業

派遣社員は、欠かせない存在です

派遣社員は、最近の企業活動に欠かせない存在となりました。
企業に占める派遣社員の割合は年々増加してきております。

雇用契約を結ぶのは、派遣元の会社です

就業希望者は人材派遣会社に雇用され、そこから勤務先の企業に派遣されます。
雇用契約を結ぶのは派遣元の会社で、雇用期間が限定されます。
派遣先の企業からは、実際の業務における指示を受けます。

派遣社員には、
常時雇用される常用型派遣労働者(特定労働者派遣)と、
派遣期間だけ雇用される登録型派遣労働者(一般労働者派遣)があります。

派遣先の企業と人材派遣会社の契約期間で、その派遣は終了しますので、
数ヶ月単位で働きたい方、
数ヶ月ごとに、いろいろな職場を経験したい方に向いています。

社員雇用を前提に契約する、紹介予定派遣があります

常時雇用される特定労働者派遣、臨時雇用などの一般労働者派遣、
の他、社員雇用を前提に契約する紹介予定派遣があります。
まず派遣スタッフとして一定期間就業し、通常3カ月以上(最長6ヶ月) 就業先企業と就業スタッフ(求職者)との両者の希望が一致した場合、 正社員への雇用切替える制度です。

実際の社内の雰囲気や、仕事の内容や環境が自分の希望と合っているか
どうかを判断することができます。

派遣社員の賃金

職種によって差はありますが、
おおむね派遣社員の賃金は、正社員の半分以下です。
派遣先の企業から支払われる派遣料金の50〜80%が、派遣労働者の賃金です。

なぜ、人材派遣サービスがこれほど普及したのか、
なぜ、空前の好業績を上げる企業があるのか、
厳しい現実があります。